大通公園

大通公園

  • 公園
  • TEL:011-251-0438
  • 〒060-0042
  • 札幌市中央区大通西1~12丁目

詳細情報

駐車場情報 2丁目付近に札幌大通地下駐車場あり。有料。

概要

大通公園は札幌市の中心部にある公園で、東西に約1.5kmある広大な公園です。もともと1871年(明治4年)の計画で官地と民地を分ける「火防線」として、大通公園が設けられ、その後雪捨て場やゴミ捨て場として利用されてきました。戦後イモ畑になったりしながら、進駐軍がその後、野球場を作ったりテニスコートを設置したりし、進駐軍から1950年(昭和25年)に大通が返還されてことに伴って、公園として整備され、現在に至ります。
公園には、造園関係の業者に一定のスペースが割り当てられており、季節ごとにいろんな趣向の花壇が設置されており、季節ごとに様々な花々を楽しむことが出来るようになっています。
札幌のイベントを行う会場として利用されており、雪祭りからよさこいソーラン祭り、サマーフェスティバル、最後にホワイトイルミネーションと、年間を通して様々なイベントが開催されています。また、札幌市民の憩い場として、昼休みのランチから子供の遊び場など、市民も多く利用している公園です。公園は、1丁目から13丁目まであり、13丁目には、札幌市資料館があります。

1丁目

1丁目には、さっぽろテレビ塔があります。公園からほぼ全域でみることができます。
また、冬にはクリスマスツリーが設置され、春から夏場は、花で彩った時計台が設置されてます。

2丁目

2丁目は、広いスペースに、滝の噴水が設置されています。夏は札幌シティージャズ、冬はミュンヘンクリスマス市の会場として利用されています。

3丁目

3丁目には、広い芝生の前に大きな噴水があります。こちらの噴水は夏場、入ることが出来るので子供たちにも大人気です。中央には、大通公園観光案内所が設置されていて、常時3名の観光ボランティアが常駐しており、パンフレットや観光案内を行っています。また、公園の前にテレビ塔が良く見えるので、撮影スポットにもなっています。また、冬の雪祭りでは、ジャンプ台が設置され、雰囲気が大きく変わります。

4丁目

4丁目の真ん中には、大きな噴水が設置されています。こちらの噴水は入ることはできませんが、風景を楽しむエリアになっています。また、雪祭りシーズンは、STV(札幌テレビ放送)広場として利用され、昨年はスターウォーズの雪像が登場しました。また、札幌名物の札幌観光幌馬車の停留場があります。

5丁目

5丁目は、1936年の昭和天皇行幸と1937年の札幌市水道創設を記念して1938年(昭和13年)に建てられた、高さ16mの石の塔がたっており、そのまわりが噴水になっています。夏には、その周りに、ちょっとしたヨーロッパ風のサントリのビアガーデンが出現したり、冬には大雪像や大氷像が出現します。

6丁目

6丁目は、大通公園唯一の森になっており、一面木が植えられており、真ん中は屋外ステージが設置されています。各イベント開催時にはステージと、飲食コーナが設置され、イベント時は食べ物が楽しめるエリアになっています。また、開拓紀念碑が設置されており、もともと1886年(明治19年)に札幌市内にあった偕楽園に建てられていましたが、1899年に現在の場所に移設されました。

7丁目

7丁目の真ん中には、水が流れる丘があり、夏場は子供の水遊び場になっています。南側には大通公園インフォメーション&オフィシャルショップが設置されており、観光案内から外国人観光客に向けた電話通訳(英語・中国語・韓国語)を行っています。また、飲み物も楽しむことが出来ます。
また、ゴールデンウィークあたりに、大通公園で桜がみられるスポットになっています。

8丁目

8丁目は、広大は広場が広がります。こちらでは春から夏にかけて朝、スプリンクラーで水を放水する姿が見られます。また夏には巨大なサッポロビールのビヤガーデンのテントが出現し、冬場は巨大な雪像にプロジェクションマッピングが上映されます。

9丁目

9丁目は、イサム・ノグチ作の奇妙によじれた形の黒い滑り台、クジラ山滑り台をはじめ、子供向けの遊具が沢山設置されており、子供たちの人気の遊び場になっています。また、夏場は、川が出現し、水遊び場に変身します。浅いので、小さい子供さんも楽しめます。また冬場は、たくさんの雪像が出現するスポットです。

10丁目

10丁目は、広い広場になっており、真ん中には、黒田清隆之像とケプロン之像が立っています。夏場は、世界のビール広場や冬場は、UHBファミリーランドに変身します。

11丁目

11丁目には、札幌市と姉妹都市でもある、ドイツのミュンヘンから贈られたマイバウムが設置されています。マイバウムとは、木を飾り付けたものですが、大通では木の形を模したものを設置しています。現在のマイバウムは2代目で高さが25mもある巨大なものです。
真ん中には巨大な噴水があり、夏には、札幌ドイツ村に変身し、異国にいるような雰囲気になります。また、冬はここで、国際雪像コンクールが開かれます。

12丁目

12丁目は、サンクンガーデンになっていて、名前の通り、真ん中が沈んだ形になっていて、真ん中を水がながれています。
また、全体がバラ園になっていて、30種類ものバラを楽しむことが出来るようになっています。特に、札幌市資料館が背景にバラ園が広がるので、異国の雰囲気を楽しめるスポットになっています。冬には、市民雪像が一面を飾ります。

アクセス

地下鉄大通駅よりすぐ

口コミ一覧

口コミを投稿する
巨大なデコボコ
Guest
NEW

札幌で40センチ積もって、ベンチが埋もれてました。やべー雪国!なんかかまぼこっぽい。

投稿写真一覧

写真を投稿する

ベンチに座れない....行けない...


巨大なデコボコ

最寄り一覧

メニュー

天気予報

  • 札幌
  • だいたい曇 最高気温:13 ℃
    最低気温:7 ℃
    降水確率:10%
    日の出:05:49 日の入:16:49
  • 2018年10月17日(水)

(広告)