大谷地貝塚

  • 遺跡・城 / 遺跡
  • 北海道余市郡余市町登町

詳細情報

縄文時代中期から後期にかけて出来た集落跡で3万3000m2の範囲におよぶ
巨大なもので、貝塚も発掘されています。
大正時代から発掘調査され、1935年(昭和10)には出土した土器から余市式土器が設定され、北海道南部における縄文時代中期末の標式遺跡である。
2000年に国指定史跡となった。
貝塚は5ヵ所、住居跡が4軒、たき火跡8ヵ所のほか墓地が発見されている。
北海道の代表的貝塚遺跡である。
現在は未公開。
出土した土器はよいち水産博物館に展示されている。

アクセス

口コミ一覧

口コミを投稿する
みなさまの口コミをお待ちしております。
管理者
NEW

現在口コミを募集中です。

投稿写真一覧

写真を投稿する

写真募集中

最寄り一覧


フゴッペ洞窟(歴史/遺跡・城)
大谷地貝塚から約629m

メニュー

天気予報

  • 小樽
  • 雪 最高気温:6 ℃
    最低気温:-5 ℃
    降水確率:40%
    日の出:06:57 日の入:16:00
  • 2017年12月11日(月)

(広告)