石川啄木一族の墓

石川啄木一族の墓

  • 歴史的建造物 / 遺跡
  • TEL:0138-21-3323
  • 〒040-0045
  • 北海道函館市住吉町16

詳細情報

概要

石川啄木は1907年(明治40年)に北海道で、新生活を開こうと今までの教職をやめ、5月に函館にやってきます。その際に、離散していた家族を呼び寄せます。その後、函館商工会議所の臨時職員や、小学校の代用教員、新聞社の記者などをおこなっていたが、8月に起きた大火で
職を失った啄木は9月に札幌へ旅立ちます。その後1912年(明治45年)に亡くなり、妻の節子は、子供を連れて、函館に移った実家に帰ります。
1年後、一周忌を機に、この地に、宮崎郁雨らの手で墓碑が立てられ遺骨が移され、現在も啄木とその一族の霊が眠っています。

また、近くには、啄木の関係の深かった、宮崎郁雨と砂山影二の歌碑も
設置されています。駐車場は、道路の脇に2台ほど止めるスペースが
ありますが、一方通行の細い道なので、注意してください。

アクセス

函館駅から路面電車で谷地頭から徒歩で

口コミ一覧

口コミを投稿する
みなさまの口コミをお待ちしております。
管理者
NEW

現在口コミを募集中です。

投稿写真一覧

写真を投稿する

写真募集中

最寄り一覧


立待岬(自然・風景/ビューポイント)
石川啄木一族の墓から約413m

メニュー

天気予報

  • 函館
  • 雨 最高気温:25 ℃
    最低気温:21 ℃
    降水確率:90%
    日の出:04:54 日の入:18:23
  • 2017年08月24日(木)

(広告)