九人の乙女の碑

九人の乙女の碑

  • 歴史的建造物 / 遺跡
  • TEL:0162-23-6468
  • 〒097-0001
  • 北海道稚内市稚内公園

詳細情報

概要

九人の乙女の像は、稚内市の稚内公園にある慰霊碑で、1945年8月20日に樺太(サハリン)の真岡町で起きた真岡郵便電信局で起きた9人の電話交換手が自決した事件の慰霊碑です。

当時の電話は現在みたいに自動交換機ではなく、交換手が回線を取り次ぐことで通話が可能でした。真岡郵便電信局でも多くの女性が交換業務にあたっており、当時日本領だった樺太に終戦直前の8月9日にソ連が対日対戦し、樺太への侵攻が始まり、ポツダム宣言受諾後も侵攻が続きました。
8月20日早朝には真岡にもソ連軍艦が接近、上陸。ソ連軍の攻撃が激しくなり、真岡郵便局にも被弾するようになり、最後に電話連絡で『交換台にも弾丸が飛んできた。もうどうにもなりません。局長さん、みなさん…、さようなら。長くお世話になりました。おたっしゃで…。さようなら』と伝え、九名の女性が自決を行いました。碑には「皆さん、これが最後です。さようなら。さようなら」と刻まれています。
そんな彼女たちを慰霊するために1963年に地元の樺太関係者と遺族の手によって氷雪の門とともに建立されました。

また、近くには、1968年9月5日に訪問された昭和天皇と香淳皇后が
樺太で亡くなられた方への思いを和歌に託されたことからそれを碑にして、
一緒に建立されています。

アクセス

稚内駅から徒歩で

口コミ一覧

口コミを投稿する
みなさまの口コミをお待ちしております。
管理者
NEW

現在口コミを募集中です。

投稿写真一覧

写真を投稿する

写真募集中

最寄り一覧


氷雪の門(歴史/歴史的建造物)
九人の乙女の碑から約25m


並木凡平の歌碑(歴史/歴史的建造物)
九人の乙女の碑から約559m

メニュー

天気予報

  • 稚内
  • 所により曇 最高気温:22 ℃
    最低気温:15 ℃
    降水確率:10%
    日の出:04:36 日の入:18:37
  • 2017年08月17日(木)

(広告)